ホーム > 車の悩み > 車の運転が怖い

車の運転が怖い

自分はもう地球を何周しているかわからないほど車を乗っています。

 

年間3万キロ、運転歴30年ですからね、90万キロ乗ってきましたね。

 

地球1周って5万キロ弱くらいですからね。20周くらい乗っているというベテランなんです。

こんな自分でも車の運転が怖いんです。

 

それは、自分はきちっとマナーを守ってルール順守しながら運転していますが、結構我が物顔に運転している人が多いんですよ。

 

自分は法定速度プラス10キロ程度で走ることが多いのですが、それでも煽ってきたり、クラクションを鳴らしてきたり、

 

たまにこわいアンちゃんが降りてきていちゃもん付けて着たりと。

 

怖いことが多いので、運転がトラウマであまり好きじゃないんです。

 

人為的な怖い部分だけじゃなくて、

 

実際に車が煙を吹いたことがあります。

 

エンジン回転が急激に高くなり、ミッションが滑っている感じで、しまいには熱をもって煙を吹き、走らなくなってしまいました。

 

また、タイヤが突然パンクしたこともあったり、

 

多少のアイスバーンで横滑りして車をぶつけてしまったり。

 

長いこと走ることでそんな車のトラブル系が何度か起きてきちゃうんですね。

 

それで運転が嫌いになって、運転しなくなったらもったいないです。

 

車のトラブル対策方法をしっかり覚えておくとなかなか楽しい車ライフが送れると思います。

知識って大事ですね!